顔面騎乗プレイとは

「顔騎」と省略されることも多いですが、これもM男ビデオの定番プレイですね。
何より、顔面騎乗が好きなM男性が多いのを象徴しているかのように、M男ビデオだと、顔騎シリーズもたくさんあります。

女性のお尻に埋もれるという幸せはM男ならではの体感だと思います。

顔面騎乗プレイとは、読んだごとく顔の上に乗るということですが、大半はお尻で圧迫することをいいます。

着衣のまま顔面騎乗するケースと、下着のまま、全裸で顔面騎乗など、AVでは色々なシーンがあると思いますが、出会い系サイトで会う女性の中では、「虐めるのは大丈夫」でも、「顔面騎乗は・・」というケースもあります。

理由は、聖水の記事でも書いたように、他人のキモイM男の顔に触れるのが抵抗あるというケースが大半でしょう。

これも、信頼関係と同じで、最初から「顔面騎乗」という条件で会う以外は、何度か会ってからお願いしたほうがすんなりいきます。

素人と出会うSMプレイの場合、相手の過去の経験によって出来るプレイや、してくれるプレイが変わりますので、そのあたりは注意が必要です。

過去にM男相手の経験がある人は、顔面騎乗に抵抗のない人が多いですね。

顔面騎乗の魅力は非現実の圧迫感

生きていて、他人の顔の上にお尻で座るなんてことはないでしょう(;^_^
綺麗な若い女性が、おっさんの顔の上を圧迫する。

年齢を重ねるほど、顔面騎乗の魅力は増します。

なんともいえない、柔らかいお尻の割れ目が、顔の上に食い込んでくる感触は最高です。

顔面騎乗でも気を付けないといけないこと

AVでの情報が先行していると、妄想だけが高まることが多々あります。

AVを見ているときは、脳みそで興奮していますが、実際に体験すると、脳みその興奮より、お尻に接している顔の上に神経が集中します。

顔面騎乗が初めての女性や、慣れてない女性の場合、単純に顔の上に跨るだけだと、慣れていないから、全体重をかけてくるケースや、圧迫度合いが分からない場合があります。

想像現実の違いは体感しないと分かりません。

不用意に全体重を思いっきりかけられると、男性の鼻なんて簡単にいかれますよ。

鼻の上にお尻の骨が当たると、ものすごく痛いので、興奮どころではありません。

そして一番大事なのは、呼吸確保です。

AVだと、

「ほらほら!窒息してもうれしいだろ!」

みたいなシーンがあり、興奮するかもしれませんが、実際に顔面騎乗で、口と鼻を本気で塞がれたら、何分も耐えるのは不可能です。

経験が浅かったり、SMを勘違いしているS女性さんは、加減を知らず、ずっと座ったりする場合がありますが、そういう人は危険ですので、相手の度量を確認しながら、顔面騎乗を楽しまないと大変なことになります。

M男性も、素人にありがちな、

「思いっきり圧迫してほしい」

とか安易に言うのは危ないです。

AVのような顔面騎乗は期待しないこと

AVは「見せる」のが仕事なので、いかにも気持ちよさそう、苦しそうな「演出」をします。

顔面騎乗されながら、アソコをお掃除させてもらえる。

なんていうシーンは、「相手次第」です。

プレイべートのSMで、大事なのは「お店とは違う」という認識を持つことです。

回数を重ねて、相手も慣れたりしてきたら、適度に圧迫した後に、呼吸の余地を与えてくれたり、楽しむ方法を得てくれます。

上述しましたが、顔面騎乗は、中年M男にとっては夢の時間です。

おっさんが20代の綺麗な女性のお尻の下に埋もれることなんて、絶対できませんので、そういう貴重な体験を楽しむためにも、AVは参考程度に見るようにしましょう。

顔面騎乗最高!

タイトルとURLをコピーしました