蝋燭プレイとは

SM調教、プレイを想像すると何が出てくるでしょうか?

女王様のボンテージ姿を思い浮かべると「鞭」や「蝋燭」が出てくる人も多いと思います。

定番のプレイといってもいいくらい蝋燭はSM動画で登場します。

拷問ちっくな光景は、ビデオを見ていても興奮する場面ですが、実際に体験するとビデオとはかなり違うことも多いと思います。

SMで使う蝋燭の種類

赤い蝋燭をM男に垂らしているシーンはよく見かけると思いますが、蝋燭にも普通の蝋燭と低温蝋燭があります。


誰でも知っている「和ろうそく」
こんなもの使用したら大やけどしますので要注意です(^_^;)


こういう蝋燭を見たことがあると思います。
アダルトグッズショップなどにも置いてますね。
私は通販で買いますが、手軽に手に入ります。

この種類の中で「低温」と記載のある蝋燭から初心者はスタートしましょう。

蝋燭プレイの方法

これはM男の「慣れ」次第ですが、初心者は絶対にローションを使ってもらいましょう。
経験豊富な女王様やS女性さんはちゃんと知っている人が多いですが、相手の女性も初めての場合は、いきなり蝋燭を肌に垂らす人もいます。

ローションを塗ることによって、かなり体感温度が変わってきます。
容量も多いペペローションなどをこういう場面で活用しましょう(^^)

また、ローションではなく、サランラップも効果的なんです。
ローションほど防御力?はありませんが、直接垂らすよりかはいくぶん軽減します。

さらに、蝋燭は「溜め」の量によっても熱さ加減が変わります。
プライベート調教を夢見るM男さんは非常に多いと思いますが、そのときはちゃんと女王様と色々と話したりしたうえで、体験しましょう。

蝋燭プレイの危険性

低温と書いてあっても、蝋燭は蝋燭(^_^;)

人によっては、または身体の場所によっては軽い火傷になることもあります。
たいがいは大丈夫なくらいな温度ですが、垂らす高さによっても体感温度は変わります。

初心者の人は間違っても「好きにしてください」なんてMビデオみたいなことを言ってはいけません。

また、これは個人的に過去に経験したことなのですが、SMビデオをそのまま真に受けてはいけません。

あれは「作品」であり、「プロ」の人たちです。

もちろん作品の中に「演出」も含まれるのは大人なら分かるはず。

そんなことを知らなかった昔の私は、初心者S女性さんのされるがままに蝋燭を舌に垂らして頂いたのですが、蝋燭が喉の方に垂れていき、非常に危ない目に合いました。

SMビデオで舌の上に蝋燭を垂らすシーンも見かけますが、あれは絶対にやめましょう。

また、肌の敏感な部分も要注意。

男性の大事な亀の頭なんて、いきなり蝋燭を垂らされたら低温とか関係なく、かなり熱いので焼けどの危険があります。

ビデオはあくまでビデオ。

実際のSMプレイは危険な事になる可能性は十分あります。

ですので、相手の人の技量や経験などを考慮して、安全に楽しみましょう。

管理人の一押し
「低温プロ仕様極太ローソク」の詳細を見る

低温プロ仕様極太ローソク
長時間タップリと楽しめるプロ仕様極太タイプの低温ローソク「低温プロ仕様極太ローソク」。
SM業界では不動の人気のレッドカラーである事はもちろん、本格的な雰囲気を出す為に極太5.5cmで作成されています。
ロウが解ける温度も充分低めですから、SM初心者の方へもオススメです。
白い肌にロウをたらすと、流血を思わせる程のリアルな赤色が魅力です。
価格:¥1,320¥819

アダルトマーケット以外も有名な通販ショップはありますが、品名をパソコン部品とかで届けてくれるので私は使ってます。

タイトルとURLをコピーしました