M男のアナル調教。アナル開発の方法と注意点

アナル調教は、M男にとっても人気のジャンルです。
SMクラブやM性感などのSM系風俗店でも定番のメニューですし、M男ビデオの中でもよく登場しますので、S女性、女王様にアナル開発を希望するM男性も多いと思います。

私自身も、M性癖に目覚めた時から、アナル調教は夢でした。
ペニバンで突かれるMビデオのシーンを何度見たか分かりません。

そんなアナル調教ですが、ビデオに出ているのはプロの女優さんや男優さん。
いきなりAVのように、気持ちよくアナルで絶頂を迎えるのには無理があります。

理由はアナルは性感帯ではありませんし、本来「出す」場所であり「挿入する」場所ではありませんよね。

しかし、アナル調教をしていくうちに、前立腺が刺激されたり気持ちよくなるのも事実です。

そんな夢のアナル調教について、アナル開発の方法と注意点を記載します。

アナル調教とはアナルを拡張することから始まります

SMプレイ初心者の場合、日常生活をしていてアナルが緩くなっていることはありません。

AVだと、ペニバンをいきなりズボッと挿入したりしているシーンもありますが、それは男優さんが慣れているためです。

アナル調教の第一歩は、いきなりペニスバンドとかではなく、まずはゆっくり指でほぐすところからスタートとなります。

アナル調教 その1【浣腸】

衛生面からもお尻の中の洗浄をしておくのは大事です。
浣腸は、いちじく浣腸などドラッグストアで買えるものでいいので、プレイ前に浣腸をしておきましょう。

アナル調教 その2【指でマッサージ】

お尻の穴にいきなり指が入るのも、初心者の場合は滅多にありませんし、危険です。
デリケートな部分ですので、まずはお尻の穴の周辺からゆっくりと撫でるように、ほぐしていきます。

少しづつ、様子を見ながら、小指からお尻の穴に挿れていきます。

潤滑油も絶対に必要です。

ローションで大丈夫ですが、アナル用のローションをお勧めします。
通常のローションと違って、粘りが強いので乾きにくいのが特徴です。

私も必ずアナルローションを持参します。(有名なペペローションのアナル版は安くてお得です)

もちろんコンドームを指に装着するのは大事です。

指サックのような指用コンドームも販売されていますね。

アナル調教 その3【第一関節から第二関節】

アナル開発は時間をかけてゆっくり進めるのが一番安全です。
最初は第一関節だけで終了したり、アナルの拡がり具合を見て、第二関節くらいで様子をみていきましょう。

指も当然、初期のころは1本だけです。
調子に乗って、指を2本とか挿れると粘膜が傷ついたりする危険性もあります。

アナル調教 その4【自分でアナル開発をする時はエネマグラ】

女王様にアナル調教の手ほどきを受けた後、もっと成長したいと思うM男は多いと思います。

しかし、毎日開発してくれる環境などは不可能ですので、自分でアナルを開発する練習をしたりするケースもありますが、一人で指を入れるのは体制的にも難しいし、何より楽しくありません。

そんな時は、エネマグラを購入して、定期的にお尻を拡げる訓練をするのがお勧めです。

私も最初は細いエネマグラからスタートしました。

エネマグラはアナル開発というより、前立腺調教のための道具ですので、初心者がエネマグラを購入して挿入しても、気持ちよくもありません。

アナルに異物を入れる練習としては、いいかもしれませんが、少し物足りない人は、電動式のエネマグラがいいです。

私も、動かないエネマグラを最初に購入しましたが、全然楽しくないので、電動式のエネマグラを挿入してAVを見て興奮するという練習から始めました。

アナル調教は1日にしてならず。慎重に継続すべし

お尻の穴も人それぞれ、強さが違います。

ネットに色々と情報はあると思いますし、AVを見て興奮することもあると思いますが、自分のアナルの強さなんて自分でも分かりませんので、大事なのは、無理せず継続することです。

少しでも違和感があったり、アナルから出血したりしたら絶対中止してください。

アナル開発は慣れると最高に楽しくなります

私の場合は、アナルが全然気持ちよくなくて、前立腺開発も気持ちよくなりませんでした。

少し諦めていた時期もあるのですが、2年ほどかけた現在、アナルでイきそうになったことが何回かありますし、前立腺刺激で身体がビクビク反応するようになりました。

おそらく、アナル調教としては成長が遅い方だと思います。

しかし、実体験として現在はアナル調教が楽しいですので、前立腺開発からペニバンに至るまでの過程など、また別記事で更新しようと思います。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました